【FF14】零式初心者だった俺が4層クリアまでに行った9(+1)の行動

この記事は2017年1月4日に投稿・更新されたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

忘備録メモ的に。

① ギミックの本質を理解する

対象が使用してくるスキルやギミックを本質から理解する。(例をあげるなら…RFにて天動零式3層のサイコロは「ぺころぐ式」と「おこめ式」が主流だが、「ぺころぐ式しか出来ません」「おこめ式しか出来ません」という人がたまにいる。これは野良RFでは致命的になる。固定を組んでいて、ほぼ固定でしか攻略しないという人なら良いが、RF申請する人は偶数と奇数の位置関係を理解し、相方の位置取りで自分がどこに動けば良いのかが解るようにしておくのが好ましい)

② タイムラインを書き出し、そこに最適なスキルを嵌めていく。

まずはタイムラインを書き出す。そしてそのタイムラインにピークを設定し、そこは必ずこのスキルを使うという設定をしていく。設定したスキルを使うにはどのぐらいのリキャスト時間が空くのか、というのを逆算していき、ピークの前後を他のスキルで埋めていく。

③ ②が完成したら必ず「隙間」が出来るので、そこを攻撃時間にする

※ヒーラー向け→回復職は回復スキルを一通り埋めると、クルセONで攻撃できる隙間が必ず出てくるので、そこを「攻撃時間」として設定する。クルセONからOFFにする際はケアル2回ほどのリキャストが発生するため、ON、OFFが確実に出来る部分を「隙間」とする。

④ 動画を撮り、自分の動きを後から確認する

実践後の振り返りも大事。Geforceのグラボを入れてる方なら「Share」がオススメ。

GeForce Experience によるゲームプレイの共有 | NVIDIA
http://www.nvidia.co.jp/object/geforce-experience-share-jp.html

⑤ 「攻略動画」を観る

①、②が全くわからないという人は「攻略動画」を見てお手本スキル回しを実際にやってみると良い。実践後、回復量や自分のスキル(スペル)スピードとの誤差が理解出来るのでそこから微調整すれば良い。

⑥ 身内だけじゃなく野良にもどんどん参加する

身内とばかり行っていると視野が狭くなるため。また応用力も養える。

⑦ 見本となる装備例やスキル回しを真似してみる

これも全くわからない時は真似してみようという事例。

⑧ 意見を出す(なあなあにしない)

何かしらミスやら問題が起きた時は遠慮せず発言する。ほとんどのPTが「どんまい!」で片付けているけれど、実際「どんまい!」だけで納められる問題は殆どない。そういう時は「〜してほしい」とか「〜したほうがいい」とかどんどん意見を出すべきである。間違っていれば他の人が指摘をしてくれるので、勉強にもなる。(失敗を恐れないこと)

⑨ 妥協しない

(最近多いのがこれかなあ…)メインでクリアしてサブ職で参加はいいのだが、「DPS足りません」とか「マテリア穴埋めてません」とか「お弁当はPTメンバーの動きを見て食べる」とか。クリ目とか消化コンコンPTに来るならこれはやめて欲しい。クリ目はクリアしたい人、消化コンコンはウィークリィ終わらせたい人がくる場所だから。

ここまでは攻略挑戦者向けですが、+1としてもう1個。

⑩ 諦める

全力でやってもうどうしてもクリア出来ないって時は、自分にPSの自信があるのであれば、既クリアプレイヤーに助けてもらって超えていくのも良い。箱とか未クリメンバーだけでクリアとか、拘りはそれで良いと思うが、実際FF14のアプデは直ぐ来てしまって全てを同時進行するのは難しいと思っている。なので、技能がある、装備も整っている、先に進みたい!って人は、どんどん先輩の力を借りていくことをオススメする。

どんなに頑張っても超えられない時もある。その時はすっきり諦めるのも手段だと思う。FF14は他にもやるべきことや遊べることがあるので、その時点で一度中止して時間が空いた時にまたやればいい。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright(C)2010-2017 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

スポンサーリンク