【FF14】ドラマ『FF14 光のお父さん』第5・6・7話感想【ネタバレ・妄想有】

この記事は2017年6月3日に投稿・更新されたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

この感想は完全に「ドラマ」だけ観た感想です。原作ブログと本を読んでません。(ドラマ観終えた後に読む予定です)ですので、原作ブログ・本を読んだ方には違和感のある感想だと思われますがご了承ください。

北海道でも放送が始まった「FF14 光のお父さん」。当方Netflix利用のため、HBCより早く視聴出来てます。以下、ネタバレ含みますので未視聴の方はお気を付けください。

Netflix (ネットフリックス) 日本 – 大好きな映画やドラマを楽しもう!

『FF14 光のお父さん』第5・6・7話感想

書こう書こうと思っていた感想がなかなか書けず3話分溜め込んでしまったので、まとめて投下!

父親が仕事を辞めた理由が、ついに明らかになる

とうとうきたかーという感じ。仕事を辞めるほどの病ってことは、会社の健康診断で何か引っかかって、病院行ったら病気でしたーって展開だったのかなあ。

お母さんが涙する病

一番想像するのはガンだよなあ。

治療の決断が出来なかったのは、このまま家でゆっくりして家で死にたいと思ったのか…単純な現実逃避だったのか…。FF14は病気のことを忘れる良いアイテムになっていたかもしれない。でもゲームをして友人が出来てやることが増えていくうちに「生きなければ」と思えるようになったのかもしれない。

まず、自分の父親もそういう時期に来ていると思い知らされた。自分の父親は本州にいてあんまり連絡を寄こさない人なので、まあ連絡がなければ元気なんだろうって思ってるんだけど、もしかしたら光生の父親と同じで何も話さずに生きている可能性もある。ただ、うちの母には何でも言うから、父に何かあったら母から連絡が来るだろうとは思っているけど…。

一個だけツッコミ入れるなら、最後の目配せからの詩人LBシーン。あそこは実際あんな余裕ないだろうから、マイディさんの「LBいけええええええ!」のシャウトがあってもよかったのかも。

明日会えなくなるかもしれない人

余談だが私自身、実際FF14の知り合いでガンを患いながらプレイしていた人が友人にいた。アレキ律動時代に知り合い、LSのチャットで「ガンを患っている」と聞かされた。私自身も甲状腺等病気を何度かしているので、お互い身体は大事だなあ…なんて話をしたものだった。

その人は会社への復帰を望んでいたが、日に日に悪化していきログイン数も減っていった。天道零式1層練習中だったか体調を悪くしたことがあった。その内容が想像以上だったので(ここには書かないが)「もうゲーム止めてリアル寝なさい」って言って無理やりログアウトしてもらった。(頭が痛いとか熱があるとかそういう状態じゃない。救急車呼んで病院行くレベルの内容だったけど、本人が一番わかっていることだからそこまで言わなかった)

あれからその人はログインしてこない。最後に言った「背中が痛えよ…」というチャットが忘れられない。もしかしたら亡くなっているかもしれないし、生きているかもしれない。ログインしてこない、あるいは連絡がないという事実=結果を知らされないという意味では幸せなのかも。あのまま続けていたら零式4層までクリアできる実力のある人だったから、そこだけか心残りだったりする。

そういう意味では、このお父さんの場合は酷な状況だったんだと思う。お父さんは知らなかったにしろ、光生はお父さんの現状を知りながらゲームを続けていたわけだしなあ…。

Netflixなら、特別編も観れるよ!

FINAL FANTASY XIV Dad of Light | Netflix
A father and son rekindle their bond through the online role-playing game Final Fantasy XIV in this live-action series based on a true story.

特別編は開幕からオッタマゲ!でした。あの人かーい!って突っ込んだ(笑)内容は、私の環境と被る部分があって共感出来たなあ。うちは結婚前は遠距離恋愛してた時期があったからね。そして最後がいいね!ハッピーエンドだね!

さーてこれで原作本読めるわ!

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright(C)2010-2017 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

スポンサーリンク