【FF14】オメガ零式4層・ノクタ占の立ち回りネオエクスデス編【前編】

Game

こんにちは、石井課長(@ishloewe)です。
零式ライフ楽しんでますか? 私はメイン・石井を固定、サブ・チベを野良で消化しているんですが、4層にてバリアヒラが少ないと聞き、またフレからノクタ占についても質問をもらったので、こちらの記事にてまとめていきたいと思います。今回は前半として、開幕~無の暴走~ライト・アンド・ダークネス辺りの説明を書いていきます。

以下の前提を持って記事をかいておりますので、ご容赦ください。

  • この記事のタイムラインは、ぺころぐ+1さんの「【デルタ編零式】オメガ4層 攻略&流れ(ネオエクスデス戦 前半)」をベースにしています。攻略に関する詳細はぺころぐ+1さんの記事にてご確認ください。
  • この記事に書いてある方法は、普段私が行っているスキル回しとその解説です。スキル回しには完全100%の正解はありません。これ以外にも方法があります。最終的にはプレイヤーご自身、また相方ヒーラーさんと相談でスキル回しを完成させてください。
  • ここに記載する方法は、普段、占星術師を触っている方であればご理解できるよう記載しているつもりです。不明な点なありましたらお知らせください。
  • この記事で使用している画像は、零式4層クリア初期の動画からSS化したものなので、スキル説明と違った状態のSSもあったり、PT状況がよろしくないSSもあります。が、そこは失敗例として挙げて行きますのでご確認ください。
  • これより良い方法があるよ!という時は、Twitterでこっそり教えていただけると嬉しいです。その際は、この記事に加筆・修正を加えていきたいと思います。

2017/10/07 追記

動画撮影出来たので、動いている絵が見たい方はこちらをどうぞ・w・

 

事前準備

カウントは15秒でお願いしましょう。10秒前にダイアシナストリアス・ヘリ(HOT付与)ノクタに切り替え→アス・ヘリ(バリア付与)します。事前にカードを引いていれば、カウント2~1で発動します。ここで星天対抗を発動させたくなりますが、アルマゲスト用の運命の輪展開後のほうがHOTが2種入った状態で延長できるので我慢します。

フェーズ1

アルマゲスト(1回目)

スタートでコンバラを入れてネオエクスデスのターゲットサークル上まで進み、運命の輪を展開します。ネオエクスデスアルマゲスト詠唱完了と同時ぐらいにアス・ヘリを詠唱→星天対抗発動。白魔さんがメディカラ+アサイラムを合わせて置いてくれるので、HOTが4種類効いている状態となります。DOTからゴリゴリHPが減ることはないので星天対抗発動後は攻撃して構いません。(DOTダメによるHPの減りが気になるようならアス・ヘリを1発挟めると良いかもしれません)

エアロガ(1回目)

 

MT1位への特大ダメージですが、ここはHOT継続と、被弾後にデルタアタックにて無敵技(画像上:戦士であればホルム)を使うためアス・ベネや減ったHPを戻す必要はありません。

デルタアタック(1回目)

デルタアタックの詠唱前ぐらいでアーサリースターを設置し、アス・ヘリを詠唱。詠唱完了ぐらいで固めたAOE予兆が現れるので散開位置へ移動します。この時欲張って攻撃をもう1撃とかすると、AOEもしくはDPSのファイガ被弾を受ける可能性があるので、慣れるまでは予兆が出たらすぐ移動したほうが良いです。

 

ファイガ被弾後はアーサリースター設置場所へ集合し、ステラデトネーションを発動させ、次にくるGCアルファ用にアス・ヘリを入れます。ステラデトネーションは逆算タイマー出来れば自動発動で最高ですが、手動発動でも全然OKです。

グランドクロス・アルファ(GCアルファ)

この時、近接DPSさんたちはギリギリまで殴ることが多いので、中央より北寄りに位置取り、アス・ヘリを詠唱します。ネオエクスデスGCアルファ詠唱完了と同時ぐらいに中央へふわっと移動をします。このアス・ヘリGCアルファ詠唱完了による被弾後、次に来る無の氾濫(頭割り)用にバリアを張るためのものですが、詠唱が慣れないうちは、GCアルファ被弾→恐慌からのランダム移動→恐慌終了後に迅速魔を入れ、集まったところでアス・ヘリを入れるのも良いかと思います。(※迅速魔は蘇生用にとっておきたいため、私は先述の方法でアス・ヘリを入れています)

無の氾濫・頭割りでは一番先頭に立つノックバックタンクさんの被ダメージが大きいので、ここでアイ・フォー・アイアス・ベネを入れます。被弾+ノックバック後はサイコロカウントを我慢し、その後色分けビームで移動となります。また、この頭割りでごっそりHPが減るDPSさんがたまに出るので、その際は色分けビームの移動中にディグニティを入れてあげると良いです。

ダブルアタック(1回目)

ここはSTが無敵技で一人受けすることが多いです。なのでガンガン攻撃しましょう。

無の暴走〜無の氾濫

画像ではアス・ヘリが入っている状態ですが、ここは入れないほうが良いと思います。

アス・ヘリは暴走床を踏んだ時の被ダメ軽減にもなるので入れたいところなのですが、入れるタイミングによってはフェーズ2GCデルタまで影響してしまうので注意です。

アス・ヘリをいれるタイミングが遅いと、暴走床を回避=30秒間弱のバリアが残ってしまい、かつGCデルタ被弾軽減バリア用のアス・ヘリを上書きできない可能性が出てきます。なので原則「暴走床は避ける、無の氾濫も避ける」という考えでアス・ヘリは入れないほうが良いです。

エアロガ(2回目)

1回目と同じくヘイト1位への大ダメージですが、ここでは対象者にアス・ベネをかけておきましょう。

フェーズ2

グランドクロス・デルタ(GCデルタ)

ネオエクスデスGCデルタの詠唱前に、GCデルタ被弾軽減用のアス・ヘリを入れておきます。(※無の暴走~で説明したアス・ヘリが上書き出来ない症状はここで起きる可能性があります)

GCデルタの詠唱が始まったら、まずアーサリースターを設置しアス・ヘリを詠唱。GCデルタ着弾(被弾)と同時ぐらいに全員にアス・ヘリが入るようにします。また水ヒラにはアス・ベネを上書きで入れ、かつスプリントも使用します。アーサリースターは後の「死の超越」被弾組のHPを一気に回復させるために置きます

スプリントは水ヒラになった場合に重要で、一緒に受ける対象(2受けの場合はタンクさん)が追い越さないようにするためでもあります。端端に行きすぎると、タンクさん側が受ける準備が整わないままデバフが発動し、うまく処理できないようなので、少し手前で止まってタンクさん側に向きの確定が出来る時間を作ったほうが良いようです。

水ヒラまたは雷ヒラそれぞれの処理をし、次のアルマゲスト用に集合します。

アルマゲスト(2回目)

水ヒラ・雷ヒラの被弾処理→ビーム処理からアルマゲストまで時間が短いため、アーサリースターステラデトネーション発動と同時にライトスピードからのヘリオスアス・ヘリ運命の輪の展開を素早く行います。(運命の輪の展開が遅いとその分スキル回しに遅れが出ます。運命の輪によるHOT付与が時間差で起こるため、これを待つ時間分、スキル回しにズレが発生してしまいます)ここもフェーズ1と一緒でアルマゲスト詠唱完了と同時位にアス・ヘリを詠唱し、星天対抗を発動させ運命の輪からのHOTを延長させます。

DOT対策として、アス・ヘリを間に噛ませると楽ですが、入れるタイミングによっては、後に出てくる※無の暴走~ライトアンドダークネスでのフレア被弾軽減用アス・ヘリが上書き出来ない可能性があるため、DOT切れ5秒前には入れないように注意しましょう。どうしても減るようならヘリオスで対応します。(※については後述で説明追加します)

エアロガ(3回目)

2回目と同じように、アス・ベネを投げてエアロガ被弾を軽減します。この時、DOTダメでHPが減っているようであれば回復してください。

アースシェーカー(1回目)

原則、MT・STが処理をするので、それぞれにアス・ベネをかけておきます。

余談 ※たまにヒラさん(主に白魔さん)がヘイト2位を取ってしまっていて、アースシェイカー処理で指定位置に移動しなければいけない場合があります(※タンクがかばえるかどうかはその時その時の判断になります)その時のなりゆきでMT・STさんが位置移動する(=マクロと逆に移動する)ことがありますが、マクロ通りに動いていないとヘイト2位をとってしまったヒラが混乱することになるので、MT・STさんはマクロ通りの位置移動をお願いします。

真空波(1回目)

予め真空波を受けない位置で攻撃していれば大丈夫です。

無の暴走~ライト・アンド・ダークネス

ここではDPS・タンク・ヒラから各1名がフレア散開→被弾確定、また残りの人たちは頭割り処理となるため、確実にバリアを入れなければいけません。が、まず前記アルマゲスト2回目にてDOT切れ寸前にアス・ヘリを入れてしまっていると、バリア効果が切れずに上書き出来ない可能性があります。また、避難位置がプレイヤーごとに違う可能性もあり、アス・ヘリが入れにくいことや、バリアを入れても無の暴走のAOEを踏んでしまってバリア解除→そのままフレア被弾→最悪死亡ということもあり、このあたり運要素もあるかもしれません。

 

こちらの画像は失敗例として紹介します。PTリストをみると侍・赤魔・ナイトに暴走床を踏んだデバフアイコンが確認できます。この後、赤魔さんがDPSフレア代表として散開しますが、運悪く死亡してしまいます。(侍は散開ミスによる死亡だと思われます)ナイトはHPが多いのでバリアが無くても生き残れる確率は高いのです。

基本的には、無の暴走が発生する直前にアス・ヘリを入れ、床を踏んでしまった人もしくはフレア対象となった人にアス・ベネの上書きをすれば良いのかもしれませんが、慣れないうちは難しいと思います。全員一斉に同じ安置場所へ移動というのが理想です。

フレア散開・頭割りからの被弾後は、ビーム避けましょう。この時、HPがものすごく減っていますが気にしないでエクスデスを攻撃してください。

この後、メテオフェーズ無の氾濫(色分け)ネオエクスデスミールストーム(HPが一桁になるスキル)と続くため、ここでHPを満タンにすると無駄になります。対応としては、相方ヒラさんとの相談にもなりますが私が体験してきた白魔さんの場合メテオフェーズアサイズをいれてくれます。これにより、PTメンバーのHPが1万強残っていれば無の氾濫(色分け)を最低限のHP保持状態で耐えることができます。またLBゲージの増加にも影響が出るらしく、こちらはぺころぐ+1さんが書いていらっしゃるので引用させていただきます。

詠唱完了と同時に全員のHPが一桁になる。「メテオ」処理中にくる「無の氾濫(色分け)」の被ダメージを耐えるHPさえあれば、この「ミールストーム」までHPが減る要素が無く、どうせHPを一桁にされるので、HPを戻すならこのタイミングで構わない。

通常ならHP一桁からHPを戻す際にLBゲージが一気に貯まる場面であるが、ヒーラーが直接(ケアルガ等で)回復する前にHoTやアサイラム等の設置型スキルで「ミールストーム」で減ったHPを少量でも回復してしまっていると、LBゲージが貯まらないようなので、この場面に限って言えば事前にHoT等を入れず、HP一桁にされてから一気に回復するほうがいいかと思われる。

メテオフェーズからは、また次の記事で書かせていただきます。

スポンサーリンク